2005年08月24日

【なか卯】しょうゆ、しょうが

「なか卯」といっても、食べる話ではない。

今日の夜は、なか卯で親子丼を食べた。食べていると、店員が目の前の紅生姜と醤油を入れ換えにきた。容器ごと持っていって、中身を満たしたものと交換する。

しかし、よく見ていると、全く中身が減っていない容器も持っていってしまう。わざわざ交換する必要はないはずだ。さらに、交換後にテーブルに置かれた容器を見てみると、水滴がたくさん付いていた。おそらく冷蔵庫に入れていたのだろう。

お客にしてみれば、水滴だらけの醤油指しはあまり気持ちのいいものではない。冷たい紅生姜を温かい丼に乗せるて食べるのもどうかと思う。

誰か、なか卯で働いている人がいれば、何故こういうタイミングで醤油と紅生姜を交換するのか教えてもらいたい。
posted by 龍眼 at 00:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。