2012年02月19日

我が社でも大規模リストラ

業績不振を理由に、我が社でも大規模な事業構造改革(リストラ)が行われるという発表がありました。
先日人事から出された計画では、配置転換、異動の他、40歳以上の正社員の希望退職募集が行われるということです。これまでリストラとは全く無縁だったのですが、いざ自分のことになると非常にショックで、この先のことで頭がいっぱいです。会社は希望退職と言っていますが、実際は「希望」というやさしいものではないと聞きます。再就職支援制度もあるということですが、会社としては業者を紹介して終わりらしいです。

真剣にリストラについて調べていると、『必ず来る「リストラ面談」絶対勝利の裏マニュアル』という本を見つけ、早速購入しました。
著者は、これまで人事ばたけを渡り歩いてきており、人事部が考える裏のことまで詳しく書かれています。

「必ず来る「リストラ面談」絶対勝利の裏マニュアル」

始めに、リストラ対象候補となる従業員のチェックリストが掲載されています。このチェックをすると、本当に真面目に働いている社員であっても、候補とされてしまう事実があることに驚かされました。リストラ候補になったとしても、会社に残りたいのならあきらめず、本書に書かれた対策を実施してみましょう。

本書には、人事部の担当がどういう作戦で面接をして希望退職に誘導するかといったことが、段階的に書かれています。面接に望むときの心構えや、発言してはいけない内容、相手が不利になるキーワードなど細かく書かれています。
いざ面接となったときに慌てないように、まずは、本書の内容をしっかり頭にたたきこんで、自ら「辞めます」と言わされないようにしておきたいものです。

私と同じように、人事部からリストラの予告の対象になった方にはおススメできる一冊です。本日投稿されていた記事です。リストラ面接のときに非常に参考になりそうなので紹介しておきます。

新月解雇通告なのか、退職勧奨なのか確認する
posted by 龍眼 at 20:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。