2006年03月05日

イナバウアー

荒川静香の活躍で有名になった「イナバウアー」という滑り方。そう、足を前後に開き、横向きに滑りながら体をそらすアレです。
イナバウアーって突然有名になって意味もよく分かっていなかったのでネットで検索したところ、意外な事実が判明しました。

荒川さんのように
 体を反らすことはイナバウアーの条件ではない
ということ。

イナバウアーは「上体を反らす」技ではなく、片方の足を曲げ、もう片方を伸ばして滑る「足技」だったのです。

我々はテレビの解説を聴いて「イナバウアー」を初めて知り、認識していました。あの解説で、イナバウアーが足技だと言っていれば、荒川さんのイナバウアーは特別なものと理解していたでしょう。

イナバウアーという技は50年代からある古いもので、最近は採用する選手がほとんどいないらしく、そんな中でイナバウアーをこれだけ美しく見せて有名にした荒川さんはすごいですね。
posted by 龍眼 at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

荒川静香、トリノ五輪で金メダル!世界のイナバウアー
Excerpt:  トリノ五輪フィギュアスケートで荒川静香(24)が、女子シングルのフリープログラムが行われ、ショートプログラムで3位につけていた荒川静香は、フリーで125.32点をマーク。合計191
Weblog: 時の人
Tracked: 2006-03-12 03:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。